ラポール算命占星術 鑑定例(一般相談者)
一般鑑定依頼『恋愛についてのご相談』の一部を、ご本人の許可の元にご紹介させていただいております。


【恋愛・結婚 鑑定 】草野 由紀子 様(仮名) OL 29歳
草野 由紀子 様(仮名)
 
     
7  己未  
17 庚申  
27 辛酉 29歳
37 壬戌  
47 癸亥  
57 甲子  
67 乙丑  
 
龍高星
天堂星
車騎星
禄存星
禄存星
天馳星
司禄星
天貴星


選んでいるわけではないのですが、結婚している相手と恋愛してしまいます。
既婚者である事を解っているのに好きになってしまうのです。
今まで二度おなじパターンになってしまい、最終的には私が傷つくカタチで終わりのようになってしまいもううんざりしています。
恋愛に対して恐怖心のようなものを感じてしまいます。
独身の方から好意を持たれることもあるのですが、お付き合いの対象としては見れない相手が多く
自分の恋愛運がとても不安です…


※ご本人の承諾を得て、相談内容の一部を掲載しております。
鑑定結果
 由紀子さんは男性にもてる人です、但し自分で選ぶと間違いが多くなります。
恋愛はやさしい父親のような人に縁があります。
しかし生れた日から見て運勢上に問題が起きやすく、幾つかの注意事項があります。

異性関係では好きでもない人から好かれ、それを拒否出来ないことがあります。
さりげない態度の中に人を引付ける魅力がある人ですが、人に好意を持たれようとすると逆に嫌われ、
他人に対しても相手の心を傷つけないようにし、本心でない意見にも迎合してしまいます。
相手からは良い人とか、理解のある人とみられますが、本人自身は不満足な状態です。

開運法としては早くから実家を出て独立し、生家と縁を切る事で改良出来ます。

 結婚出来ないような相手の男性で、例えば不倫の恋や、まだ結婚の条件が整っていない人を好きになってしまい
最後は悲しい思いで『ジ・エンド』の状態を作ります。
本来は恋人を自分で選ぶより、選ばれる立場になる人です。そうすれば働き者のスポーツマン的な人に縁が出来ます。

恋愛とはプロセスを楽しむものであれば良いのです、そして次元の違う人あれば自分に出来ない事が学べます。不倫も生活能力のまだ出来てない人も、恋人として一緒に成長していく事も出来るのではないかと考えてください。
特に不倫の場合は相手の男性が家庭を持ったことで、妻に不満不平があると思います、その不満を聞いてあげられれば、男性が結婚生活で何を望んでいるのかがわかり、自分はそのような家庭を作るまいと大いに勉強になります。
そして結婚人生に大いに参考になるのではないでしょうか。


 結婚に関しては出来るだけ遅い方が良く、再婚の人や年齢差のある年上の人が向いています。
相手の男性は、貴女を成長させてくれる人が良く、夫に感化されると幸せな結婚になります。

幸せになるための注意事項があります。結婚した後の問題として捉えて下さい。
夫婦間においては、お互いに干渉しない事で結婚生活を維持出来ます。
夫婦で協調しようと思い、夫と一緒に仕事をしたり夫の仕事に口をはさむと、結婚生活に問題が起き
配偶者が家に寄り付かないとか、愛人を作る等の問題が起きます。
その事で未来の人生設計に異常現象が出たりします。

しかし、干渉しないというのは仲良くしてはいけないとか、無関心でいるというのではありません。
毎日「愛している・愛している」と言ってもかまいませんが、仕事などでの干渉で「残業ばかりして」とか「日曜日なのに何で出勤するの」とか現実的なことの干渉をしてはいけないという事です。

そのように考えると、配偶者は時間に不規則な仕事で働き者の男性や、出張が多く留守で家を空ける人が向いているでしょう。
由紀子さんは宿命のエネルギーパワーが少ないので、キャリアウーマンなら結婚しない方が良く、結婚するなら
アルバイト程度しないと家事仕事がおろそかになります。

 また人を引付ける引力(魅力)に異常が出る事があります。
それは結婚後に夫以外の男性から好意をもたれたり、追いかけられたりしやすいのです。
また自分にも好きな人が現れ、今までの中で一番好きな人だと勘違いしたりします。

結婚して好きになってくれる人が出たとしても、自分の心が乱れなければ
それはいつまでも自分が持てる人だと優越感にひたるゆとりがほしいですね。
人間は異性だけでなく、人に必要とされる事がこの世に生きている証でもあります。
愛情も母性愛・異性愛・同性愛がありますが、どの愛も自分を必要と思ってくれる人が居るのなら、
この世に自分の存在感があるのではと、思って下さい。


 性格的にはクールになったり情熱家になったり、人間性に二面性を持ち合わせており、相手の男性が面食らう事もあるでしょう。
精神性の向上を身に付ける事で、人の出来ない事が出来る人に成ります。
恋愛・結婚に対しての精神の向上とは、何があっても被害者意識を持たずに相手の立場に立って考えられるように、精神的な成長をすることです。
それは本を読むとか、先輩や経験者に自分の考え方が正しいかのか聞く耳を持つ事です。
若い時ほど問題が起きると相手が悪いと考えがちになるからです。


 平成14年・15年は天中殺の年です、自分で進んで掴んだ恋は損する事が多いはずです。
但し相手に選ばれたときは、思いがけなく次元の異なる人に出会う事もあります。
外国人でもOKです。これこそ次元の異なる人になります。
但しこの二年間は結婚を考えないで下さい。


 結婚の時期としては2006年の33才がベストです。
このチャンスを逃したら、次は37才過ぎの結婚が良いでしょう。
37才過ぎから10年間は守護神が来ますので、自分らしい生き方が出来るでしょう。

37才〜10年間は回りのサポートが多い時で、何かに付けて困った事が起きても助けられます。
27才〜37才までは一番苦労の多い時代ですが、この時期の苦労は身に付き人間形成が出来る大切な運勢です。 そして男性運が一生の中で一番強い時です。恋多き時代とお考え下さい。
≪算命占星術 ラポール≫  マダム ヴェリテ 

今までの恋愛経験が、鑑定された私の恋愛傾向に当たっていたので驚きました。
自分の意志や願望とは別に、好きでもない人でないと結婚できないのかと思い心配にも感じましたが
鑑定の中、そうなりやすい宿命とそれに対する考え方や気持ちの持ち方等が聞けて安心することができました。
自分の宿命を理解することで、傷つくようなことにならないよう考えることもできますし、恋愛や結婚に対しての恐怖感も薄らいだ感じで前向きに考えることが出来ました。
有難うございました。

このサイトの内容を、無断転載・無断配付・商用利用することは禁じております。




←戻る ラポール算命占星術 TOPページへ 次へ→